結婚までの私の恋愛事情

夫とは友達を通じて出会い、結婚をしました。

そのきっかけを作ってくれた友達は以前私が交際をしていた人で、付き合ってた当時に彼の友達として紹介され、知り合いました。

その時はもちろん恋愛感情はなく、彼の友達として仲良くしていました。

一緒にカラオケに行ったり、旅行に行ったり、みんなで過ごす時間はとても楽しく、充実した毎日を過ごしていました。
そんな中、彼が地元の鹿児島に帰ると話を切り出され、1年後鹿児島に来てほしいと言われました。


離れてしまう寂しさはありましたが、それ以上に1年後の生活が楽しみで、私は悩むことなく彼の行動を受け入れることにしました。
長いお休みの時には鹿児島に遊びに行き、彼の地元の友達やご家族にも会い、1年後はここに住むということを当たり前に思っていました。

しかし鹿児島に行くことをリアルに考えた時、私の中である思いが浮かびました。

『本当に私は彼と一緒にいたいのかな』私の事をいつも気にかけ、悩んでる時は朝まで電話に付き合ってくれ、必死で元気にさせようとしてくれていたのは彼ではなく、その友達だった事に気づいたのです。しかしその人は彼の友達。でもこのままでは後悔すると思ったので私は彼とお別れし、友達に思いを伝えました。

結果は『周りの友達にいえない恋をして幸せにしてあげられない』正しい意見です。こんな恋愛良いわけがありません。

でも諦めたくなかった。


そこで私はある提案をしました。


『このままずっと一緒にて、世間一般の考えを覆しちゃえばいいんじゃないかな』振り返ってみると大変な事もありました。



友達に言えないことが悲しみや苦しみにもなりました。



しかしその分、話せた時の喜びは計り知れないものでした。

元彼には彼から伝えてもらい、今でも仲の良い友人です。



もし自分の恋愛に悩んでいる人がいるのであれば、この言葉を思い出してもらえればと思います。


『』世間一般の考えを覆しちゃえばいいんじゃないかな』。